みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル アニメ

TVアニメ【ザ・ファブル】プロの声を出す男・・・・。

投稿日:

『ザ・ファブル』のTVアニメ化が決まり―――声優の発表―――そして2024年の4月から2クール連続放送という形態が発表された―――!

スポンサードリンク

ヤンマガ2024年9号での紙面発表に合わせて―――ホームページ(https://www.vap.co.jp/the-fable-anime/)でも発表された―――!

声優のほうは―――アニメを見ないから誰がどんな声なのか―――まったくわからん・・・・。キャラのイメージと合うか、違和感があるか―――それもアニメ化の楽しみの一つなのであえて聞かずに待っておこう―――。問題は関西弁を違和感なく話せるかどうかだが―――。向こうはプロなんだからしっかりプロとして―――の仕事をしてくれるはず―――。アニメを見て―――

ジャッカル富岡 なんでこうなんねん~

と、リアクションをとるような期待外れにはならないだろう―――。

気になるのは―――・・・・

ザ・ファブル 声優 アニメ化

佐藤明(興津和幸さん)、佐藤洋子(沢城みゆきさん)、小島賢治(津田健次郎さん)、清水岬(花澤香菜さん)、ボス(小村哲生さん)、海老原剛士(大塚明夫さん)の声優発表はわかるが―――ジャッカル富岡~? クロや高橋よりも出番は少ないはずのジャッカル富岡を優先~? まぁ、小島がいるし、そこに高橋を載せてもパッと見同じようなキャラに見せてしまう―――。クロは別のチンピラだし―――ヤクザ以外のキャラを載せておこうということだろう―――。佐藤の正体を知った後のクロのアタフタや―――覚悟が無かった只のチンピラだった高橋が、小島とのひと悶着を経ての成長っぷりを外すことは出来ないだろう―――。

放送は2クールやるということで、どこまでやるのか―――小島編だけ―――? 宇津帆編をやるとなると足りないだろうし・・・・。好評なら続きもやるだろう―――。その時に宇津帆編か―――? 今回は小島編で終わり、次回があると順番的には最初は山籠り編になるが、クール初めの掴みには弱いような・・・・。佐藤はふつうの人のふりをしているが、街の人からはふつうじゃないと見られるという天然エピソードが描かれなくなる―――・・・・。どこかのエピソードの合間に差し込む形になるか―――? クリスマス会のエピソードも(宇津帆が仕掛けた盗聴器を外すというエピソードの順番のタイミングの問題もあるが)順番を変えて、合間の軽い1話として差し込めそう―――。

原作に忠実にするか―――オリジナル要素を足すのか―――。多分、原作に忠実に作られると思うが―――遊びがあるといいな~。原作を読んだ人にもプラスαがあると嬉しい~。普段の日常を描いた短編集の『ざ・ふぁぶる』からの小話もあるかも―――。とにかく―――ブラジルサンゴヘビと同じ配色をカラーで見れることは間違いない―――。

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル アニメ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アニメ 佐藤洋子

【ザ・ファブル アニメ】14話「好きです兄さん!!」それしかできない男・・・・。

アニメ13までの内容は、原作だと69話の最後―――佐藤が真黒住宅の屋上でサンマを七輪で焼いて「平和やなァ―――」と言うところまでだった―――。 スポンサードリンク スポンサードリンク

ローナン

【ザ・ファブル アニメ】10話「ベランダの怪人・・・・。」そこはプロとして時間をかけてなんとかする

アニメ「ザ・ファブル」の9話までの内容は―――原作の46話、砂川が何でも屋に小島を消す依頼を出しに行くところまで―――。 スポンサードリンク スポンサードリンク

佐藤兄妹 アニメ 佐藤明 佐藤洋子

【ザ・ファブル アニメ】3話「鬼ごっこ」俺はペットの趣味はないがァ―――・・・ 

アニメの第2話は原作の8話まで―――バー・バッファロー帰りの佐藤兄妹がキックに絡まれたって所までの内容だった―――。 スポンサードリンク スポンサードリンク

ファブル アニメ 宇津帆

【ザ・ファブル アニメ】2クール目に宇津帆編突入確定―――ッ!

ザ・ファブルのアニメが始まって、一気に2クールやるとは聞いていた―――。が、どこまでやるのかが分からなかったが―――・・・・ スポンサードリンク スポンサードリンク

佐藤 スイッチ おでこトントン

【ザ・ファブル アニメ】11話「運命の一日です♪」プロにしか聞こえないスイッチ・・・・。

アニメ10話までの内容は、原作だと53話の途中―――佐藤が自作の弾丸を作りながら洋子に説明しているシーンまでだった―――。 スポンサードリンク スポンサードリンク