みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】246話「夏ノ花火」最悪なのが花火職人やってた 関わらないほうがいい

投稿日:

明達はとうとう蟲の王の部屋に辿り着いた。蟲の王に突っ込んでいった明だったが、仕込み刀が尻尾で弾かれてしまった。さらに鮫島達もろとも尻尾を叩きつけられてしまった。

モット 美シイ仕掛ケガ
コノ記事ハ 三行 進ムト
ねたばれスルノ…

スポンサードリンク

あらすじ

尻尾を叩きつけられた明達だったが、全員無事。鮫島は瓦礫を盾にしてユカポン達を庇っていた。明は右足を瓦礫に挟まれて身動きが取れなくなっていた。

ぼそぼそ

鮫島が明を救助しようとしたが、蟲の王が近寄ってきた。

瓦礫の影に隠れる明・鮫島達。

こっちに気づくな

蟲の王は鮫島達が隠れている瓦礫を手で叩いた後、離れて行ってしまった。

鮫島は吐血したものの、なんとか耐えた「俺の怪力をなめんなよバカ。伊達にでけェ図体してねェよ」

勝次「ハ 頼もしいじゃねェか。見直したぜ」

鮫島は明の足を挟んでいた瓦礫を取り除く。

明「助かった ありがとう」
鮫島「たまには 俺が助けんのも いいもんだな」

蟲の王は明達の無事には気づかず、部屋の奥に戻っていた。

明「甘く見ていたよ 少し奴の出方を見るか」

蟲の王は「思イツイタ」と言い、拷問野郎に人間を持ってこいと命令した。

蟲の王は、拷問野郎が連れてきた人間を変異吸血鬼に変貌させる。

勝次「なんて惨めな姿に…」
ユカポン「ああ… そんな…」

蟲の王「美シイ… トテモ美シイ姿…」
蟲の王は、人間を3歩歩いたら自爆するように変異させたという。

変異させられた人間「嫌ダ… 死ニタクナイヨウ…」

変異させられた人間は、フラつきながら3歩歩いてしまい、身体がバラバラに弾け飛んでしまった。

蟲の王「マサニ 命ノ輝キ 三歩デ消エル命… マルデ 夏ノ花火ノヨウ…」

勝次「なんて奴だ… 命を弄んでやがる…」
ネズミ「嫌ァァァァ こんなのと戦うの無理ィィィ!!」

蟲の王「命ハ… 美シイ…」

感想

やめんか
それには訳があるんじゃ?

蟲の王の尻尾を叩きつけられちまった明と鮫島達!

単行本の宣伝

担当「あったよ!
単行本を宣伝するのに
ベストなスペースが」

先生ェ「でかした!!」

主人公達がやられちまうかどうか…読者が気になる、読者の目を引きつける、その衝撃的なコマに!単行本の宣伝を入れ込むとは!! 彼岸島の担当は相当なやり手に違いねェ。

明と鮫島達は潰れちまったかと思いきや…

ぼそぼそ

へ? どういう理屈で生き残ってんだァ!! 明の位置なら直撃じゃねェから衝撃を反らして生存できそうだが、鮫島達は一番底でおそらく直撃だった場所なのにどうやって生き残ったんだ? 瓦礫でガードしたように見えるが、まず尻尾が通路に当たらねェと瓦礫は発生しねェぞ? この鮫島が背負っている瓦礫はどこから…? もしかして尻尾の直撃は避けたが、足場は崩されちまって落ちながらも瓦礫に埋もれちまったのか? しかしそれなら勝次・ユカポン・ネズミの3人が無傷なのは一体…

やめんか
これはこういう漫画なんじゃ

ハ 「頼む!! こっちに気づくな!!」を
見たのは何年ぶりだろう

明は瓦礫に足が挟まっちまって動けねェ。そして生存確認に来る蟲の王に対して身を隠すのみ…

こっちに気づくな

最初は蟲の王に「があああ」って叫びながら威勢よく斬りかかったのに、一撃食らっちまっただけで「頼む!! こっちに気づくな!!」 ひいいいいい 超情けねェ!!

斬りかかる前は十条二尉に「自衛隊の残りを連れて来てくれ。門番どもを引きつけてほしい。俺はこの蟲の王を殺る」とカッコつけて命令したのに! 十条二尉に合わす顔が無ェ…

明はさすがに反省したらしく「甘くみていたよ。 少し奴の出方を見るか」
甘く見るどころじゃねェ!! 拷問野郎に苦戦した後なのにこんなバカでけェ化け物に無策で斬りかかっちまうなんて歴戦の猛者とは思えねェ!! 蟲の王が気づかないように神頼みしたり、無策で突っ込んでいったり…ンだよこのクソ楽観主義者!!

蟲の王の門番が
蚊帳の外とは
なんたる皮肉…

蟲の王が部屋の奥に行っちまって、明達は蟲の王の様子を探る。コイツら、普通に喋っているけど、部屋の壁に沿って立っている門番は無視かァ? もういない者として喋ったり、明なんかは「蟲の王の出方を見るか」とか悠長な事言ってやがる! そもそも明が声を上げながら蟲の王に斬りかかっていったのに、門番はなんにも動かねェんだが… 244話のサブタイトルに「門番」と付けるだけあって漫画的にも何かしらの役割があるはずだが…

3話デ 消エル存在…
マルデ 夏ノ花火ノ ヨウ…

趣味悪っ
クソアートだよ

蟲の王は地面を叩いて拷問野郎に命令する「ニンゲンヲ 持ッテ来イ」
拷問野郎を「ウルサイ」と言って叩いておいて、何か思いついたから地面を叩いて合図をして「人間を持ってこい」。コイツ、家庭内暴力をする子供のようじゃねェか! まだ小4だったから良かったものの、中学生ぐらいになったら手に負えねェ暴力をふるったに違いねェ…

さすがは蟲の王
自ら王と名乗りだすほど
暴君の素質が半端ねェ男よ

三歩で消える命を夏の花火と例えるとはなんたる詩的表現。小4の目線とは思えねェ。まともな世界だったらグロテスクなイラストの横に美しい詩的なポエムを書いて、美と醜のコントラストを効かせた人気詩人になれたんじゃねェのかァ?

すまない
ちょっと夏を先取りしたくて

新型コロナウィルスの影響で今年は花火大会の中止が相次ぐが…先生ェが早めの花火を見せてくれるとは!

先生ェ「こんな事もあろうかと
漫画の中だけは明るい話題を
ずっと持ち歩いてたんだ
最高の夏を魅せてやるよ」

夏が来るのが早いか、蟲の王を倒すのが早いか… 蟲の王があと3話で消える命とは思えねェが… 松本光司様ァ!! 雅の息子は後3人もいることに気づいてくだされ松本光司様!!

スポンサードリンク スポンサードリンク

-彼岸島
-,


  1. 匿名 より:

    蟲の王は北斗神拳の使い手でしょうか

  2. 匿名 より:

    血気盛んに特攻したのにあっさり返り討ちとか明さん情けなさすぎだろ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

返り血

【彼岸島48日後…】307話「夫婦」どれだけ返り血を浴びても明は 片時も感染しない男だ

血の楽園の特別区を目指す明達。その特別区への門の前に立ちはだかる2体のアマルガム凸様・凹様。明は2体のコンビネーションに苦しめられたが、勝次の手を借りて2体同時に両断することに成功した。 ウソだ!!  …

彼岸島 鮫島

【彼岸島 48日後…】64話「鮫島」

あったよ!彼岸島 48日後… 第64話「鮫島」の感想が! でかした! なんだ このページ。超ネタバレあるけど フン 健康で何よりだ スポンサードリンク スポンサードリンク

黙食

【彼岸島48日後…】290話「居住区」胸キュンしねェ! この男女混合シェアハウス ちっとも胸キュンしねェ!!

吸血鬼に変装して血の楽園に侵入しようとしている明達。明と鮫島・勝次は離れ離れになってしまったが、ユカポン・ネズミ・北沢希・北沢聡は吸血鬼として血の楽園に入ることに成功したのだった。 もう一段落あってそ …

【彼岸島48日後…】89話「出血」最悪なのがヤンマガに載ってた 関わらないほうがいい

要塞化した東京に入る方法を聞くべく、鮫島の弟・精二に合うために金剛がいるアジトを目指す明。 アジトへ向かう途中にススキ草原を通ると邪鬼のエテ公が。 女の匂いに敏感なエテ公から身を隠そうとする明達だが… …

チキン

【彼岸島48日後…】211話「狐面の下」この鳥が仕込み刀は覚えてても油断した事はすぐ忘れちまうからちくしょう!!

吸血鬼達の武闘会に参戦した明。決勝戦で姑獲鳥と戦う事に。狐面で顔を隠して戦っていたが、刀が折れてしまう。追い込まれた明は仕込み刀を出してしまった。 スポンサードリンク スポンサードリンク