みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】67話「これでも俺には・・・・。」 切ねぇなぁ―――

投稿日:2016年3月28日

前回、小島にケジメをつけた若頭・海老原。

スポンサードリンク

あらすじ

小島を見つめる若頭。そこへ佐藤が入ってくる。

若頭「どう思う?」佐藤「何が・・・・」若頭「いや・・・ええわ・・・」

若頭「もうすぐ死体処理がくる――― スマンが今晩は妹のとこにでも泊まってくれ。建て前だけでも、こうゆう事とは無関係にしとかなアカンやろォ~」

若頭「なァ――― どう思う?」佐藤「ま――――どっちにしろ――― 俺がいなかったら小島は工場ですでに殺られていた―――」

洋子の家

チャイムが鳴り、洋子が出てみるとミサキが。

ミサキ「カバンごとなくしちゃって―――・・・ 家の鍵も携帯も・・・・」

洋子「もういいから先にあったまっておいでぇ―――」

風呂に入るミサキ。洋子の部屋に入ってくる佐藤「今晩、部屋に帰れなくなった―――・・・・」。

佐藤の家のガレージ

死体処理係が到着。

若頭「一人で処理できるか―――?スマンが俺は手伝えんぞ――― 手術のあとでなァ―――」

処理係「大丈夫よ――― 梱包して車に積むだけ―――!」

小島を見つめる若頭「俺が入院さえしてなかったら―――」

若頭「墓石まではムリでも・・・せめて土に返してやりたい―――」

洋子の家

ミサキが風呂場で倒れる。

洋子「アレ―――!? ミサキちゃん、熱あるよコレェ~~!!」

感想

若頭の小島への兄貴分としての情の表現が上手い。小島はいいヤツとは思えなかったけど、こういう描写を見せられると切ないね…
死体処理係として来た男は小島に銃を売っていたことを若頭には嘘を付いたけど、これは後々何かあるのか?死人に口なしだからワザワザ揉め事を起こさないようにしただけだろうか?
色々あった夜だからホッとして倒れたミサキちゃん。平然としてる佐藤がおかしいんやろうな―――。
faburu67a.jpg
HOPEFUL(楽観的)と描いてるTシャツを着ている佐藤。やはりコイツは常人と違う―――。
ミサキは佐藤とくっつく展開なのだろうか?鉄工所で助けに来た男の正体はバレなかったんだろうか?
ミサキが倒れてプロとして対応する佐藤は、ミサキのことは恋愛対象とは思っていなさそう。っていうか佐藤は恋愛をしたことがあるのか―――?

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】209話「聴診器の男・・・・。」息を弾ませる者、息を潜める者・・・・。

山岡から田高田社長を守るために、アザミはオクトパスに住み込みで働くことに。 マツ、スズムシ、クロは組長暗殺の実行犯である二郎を捜す。 山岡は砂川を消し、それを知った水野は山岡に銃を向けたが、逆に銃をこ …

【ザ・ファブル】76話「腹ごしらえの男・・・・。」クロちゃんついてこれてる---

佐藤とクロの山篭り開始。   スポンサードリンク スポンサードリンク

【ザ・ファブル】98話「アニイモウト・・・・。」兄と偽っているプロ同士が出会ったんです―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 宇津帆のターゲットになっている貝沼。貝沼は佐藤にうまくいかない不満をぶつけようとしていた―――。 …

【ザ・ファブル】78話「テントの男・・・・。」山篭り1日目の夜、結構平和なんです---。

クロを引き連れ、山篭りをしている佐藤。 一日目の夜、暗くなってきて寝ようとするクロが何かの物音を耳にする…   スポンサードリンク スポンサードリンク

【ザ・ファブル】108話「しくじりの男・・・・。」貝沼のしくじりの対応にしくじった佐藤―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 カモにされた貝沼。ミサキを盗撮していたことがバレ、示談として6千万払えと言われる。 精神的に追い詰 …